寄生獣

「寄生獣」の実写化映画が公開されているが、評判は上々のようだ。「寄生獣」は岩明均による人気漫画。1988年から1995年にかけて月刊アフタヌーンなどで連載され、現在アニメも放送されている。編本な高校生・泉新一が宇宙から飛来した謎の生物に右手に寄生され、その寄生生物と人類との大きな戦いに巻き込まれるというストーリーだ。主人公・新一を演じるのは染谷将太、新一の右手に寄生する「ミギー」の声を阿部サダヲが担当している。人気漫画の実写化映画は期待外れのものが多いが、今回の寄生獣に関してはファンも絶賛するほど良い出来栄えのようだ。ただ原作を読んでいる人にとっては、重大な部分が改変されていたり、原作のシーンがカットされてだいぶ端折られているので違和感を持つかもしれないという声もある。原作を知らない人は純粋にスリリングな展開が楽しめるとのことなので、原作をあえて読まずにまずは映画を見に行ってみるのも面白いかもしれない。