小説無断改変で発売中止に

KADOKAWAは、25日発売予定だった小説『からくり同心 景 黒い好敵手』の発売を中止することを発表した。
この小説の作家である谷津矢車さんが、原稿の改変の疑いを指摘をし同社が調査した。すると担当編集者が無断で原稿を変えていたことが判明。あわせて8月に刊行された同シリーズの1作目『からくり同心 景』にも改変が認められ、初版1万部を回収し絶版にするとのことだ。
同社は「原稿の無断改変は、決して行ってはならないこと。チェック体制の厳重強化、編集者の指導教育を
徹底し、2度とこのようなことを起こさぬよう再発防止に努める」と話しているという。
作者の谷津さんは「ゲラチェックの際、明らかにわたしのものではない文章が混入していました。しかも中にはキャラクターのセリフなどの、小説にとって核である要素さえ手が加えられていた形跡がありました。何者かがわたしの文章を大幅に改竄していたのです」と憤りをみせ、「改竄者が担当編集者であったこと、さらにはその改竄範囲が広範にわたることも併せて判明するに至り、もはやわたしの著作物と胸を張れる代物でなくなっていたことが判明したのです。」と続けた。印刷段階に入っていた2作目の発売中止も申し出た。
作者にとってわが子のような作品に許可なく手を加えるなど言語道断だ。担当編集者が何を思って改変するに至ったのかが気になる。

WaT解散へ 休止期間が転換期

ウエンツ瑛士と小池徹平による音楽デュオの「WaT(ワット)」が12月6日、東京都の品川ステラボールで開催したライブ、「WaT 10th Anniversary Live 2015」で、2016年2月11日で解散することを発表しました。
ウエンツはステージ上で解散を発表した後にうつむき、涙を流しました。
本来ならば、ウエンツが解散理由について語って、その後小池に話をするはずでしたが、ウエンツは「解散となります」と発表すると、ファンの悲鳴と「やめないで!」の声を浴びて、涙しました。
話すことができない状態だったため、小池徹平が代わりにマイクを握って、先に語り始めました。
ウエンツは「予想外」の涙を振り返り、「解散を言うのが怖くて、歌いながらも、「もうすぐ言わないと・・・」とずっと思っていた。言う瞬間、言いたくないという気持ちが出てしまってえ、それが涙につながった。」と説明をいました。
小池は「こいつ喋れないなって思っていた。ステージ上だし、何としても伝えないと・・・。2人で泣いていたら収拾つかないし。」とフォローを入れたといいます。
WaTはストリートライブ経て、2005年にメジャーデビューしました。
その年の「NHK紅白歌合戦」には、デビューから史上最短で初出場をしました。
2年連続で紅白出場を果たし、その後もライブなどを開催したものの、2010年に発売したシングルを持って約5年間、活動を休止。
ソロ活動に専念したあと、今年2月に再始動を発表したばかりでした。