大音量で難聴のリスク

世界で10億人を超える若者が、大音量の音楽を聴くことによって難聴になる恐れに直面していると、WHOが警鐘を鳴らしているそうだ。WHOが先月27日に発表した計算によると、中・高所得穀の12~35歳のおよそ半数が聴覚を損なう恐れのある音量で携帯音楽プレーヤーやスマートフォンを利用していたそうだ。また、40%がコンサート会場やナイトクラブで危険なレベルの大音量にされらされているという。WHOでは85デシベルを超える音量では8時間、100デシベル超なら15分で耳の機能を損傷する危険があると指摘している。難聴にならないためには携帯音楽プレーヤーの音量を下げ、利用時間を1日1時間までに減らすべきだと勧めているそうだ。