小説無断改変で発売中止に

KADOKAWAは、25日発売予定だった小説『からくり同心 景 黒い好敵手』の発売を中止することを発表した。
この小説の作家である谷津矢車さんが、原稿の改変の疑いを指摘をし同社が調査した。すると担当編集者が無断で原稿を変えていたことが判明。あわせて8月に刊行された同シリーズの1作目『からくり同心 景』にも改変が認められ、初版1万部を回収し絶版にするとのことだ。
同社は「原稿の無断改変は、決して行ってはならないこと。チェック体制の厳重強化、編集者の指導教育を
徹底し、2度とこのようなことを起こさぬよう再発防止に努める」と話しているという。
作者の谷津さんは「ゲラチェックの際、明らかにわたしのものではない文章が混入していました。しかも中にはキャラクターのセリフなどの、小説にとって核である要素さえ手が加えられていた形跡がありました。何者かがわたしの文章を大幅に改竄していたのです」と憤りをみせ、「改竄者が担当編集者であったこと、さらにはその改竄範囲が広範にわたることも併せて判明するに至り、もはやわたしの著作物と胸を張れる代物でなくなっていたことが判明したのです。」と続けた。印刷段階に入っていた2作目の発売中止も申し出た。
作者にとってわが子のような作品に許可なく手を加えるなど言語道断だ。担当編集者が何を思って改変するに至ったのかが気になる。