タイにアニメイトオープン、初日に6千人

日本の漫画やアニメグッズを販売する、アニメイトが今月の6日、タイのバンコク、商業施設「MBKセンター」の7階にオープンしました。
日本の出版大手など5社が共同出資したジャパン・マンガ・アライアンスの海外1号店。
グラウンドオープンは予想を大幅に上回る、6000人が訪れました。
売り場面積は、560平方メートル。
商品は約3万点にものぼり、書籍が1万5000点、ストラップやクリアファイル、などのグッズ類などが残りを占めています。
日本では、大人向けアニメ店として展開していますが、タイでは子どもの来店も多いと読んでいて、「ドラえもん」や「ポケモン」の製品もそろえました。
店長を務める、JMAの現地法人アニメイトJMAの外川明宏最高経営責任者は7日、NNAに対して「6日の開店イベントには、2000人、店舗には4000人が来店し、一時入場規制を実施したことを明らかにしました。
大反響ぶりがうかがえます。