「忍者」職、海外から応募殺到

愛知県の観光局が募集した6人の「忍者」職に、野心に燃える海外の数百人の忍者たちが殺到。国内からの応募者数をはるかに上回っているという。
愛知県は今月、観光PRのための忍者の募集を開始、応募者の国籍は問わないと表明した。その1週間後、200件以上の応募が集まったが、そのうち85%が海外からだったという。愛知県振興部観光局の安達智志さんはAFPの取材に、これほど大きな反響が海外からあるとは予想していなかったと語った。
観光当局は、応募者235人の中から候補者37人を絞り込んだそうだ。最終選考に残った外国人は、米国やフランス、タイなどの13人だという。
海外からはたくさんの応募があったものの、来週の日本でのオーディションに出席するための旅費を自分で負担しなければならないことにより、多くの人が選考から外れたそうだ。最終選考に残った日本人は24人とのこと。
今回新たに雇用される忍者は1年契約で、月給18万円とボーナスが支払われるそうだ。
海外で忍者が人気なのはよく耳にするが、実際に忍者になりたい人がこんなにいるとは…。採用された忍者はどこでどのような活動をするのだろうか…?月給18万円というのも特殊な職業なのに意外だ。