オススメの少女漫画

ときめきや胸キュンをくれる少女漫画。そんな少女漫画の中でもオススメの3つを紹介します。
ひとつめに紹介したいのが、「ピーチガール」見た目はギャルできつく見えてしまう主人公モモが中学からの同級生であった男の子に恋をするお話です。内面は純粋で心の優しいモモが繰り広げる、ドタバタストーリーです。
つぎに紹介したいのが、「天使なんかじゃない」です。NANAでお馴染の矢沢あい原作の作品です。純粋な主人公の翠(みどり)が同じ高校に通う、アキラに恋をするお話です。アキラくんの言動にキュンキュンさせられます。
最後におススメしたいのが「花より男子」です。こちらの作品はドラマ化、映画化され、大ヒットとなりました。平凡な高校生の主人公つくしが、御曹司の道明寺と恋をするお話です。不器用だけど、優しい道明寺に心奪われてしまいます。
休みの日やちょっと時間があるときに、漫画を読んでみるのはいかがでしょうか?

寄生獣

「寄生獣」の実写化映画が公開されているが、評判は上々のようだ。「寄生獣」は岩明均による人気漫画。1988年から1995年にかけて月刊アフタヌーンなどで連載され、現在アニメも放送されている。編本な高校生・泉新一が宇宙から飛来した謎の生物に右手に寄生され、その寄生生物と人類との大きな戦いに巻き込まれるというストーリーだ。主人公・新一を演じるのは染谷将太、新一の右手に寄生する「ミギー」の声を阿部サダヲが担当している。人気漫画の実写化映画は期待外れのものが多いが、今回の寄生獣に関してはファンも絶賛するほど良い出来栄えのようだ。ただ原作を読んでいる人にとっては、重大な部分が改変されていたり、原作のシーンがカットされてだいぶ端折られているので違和感を持つかもしれないという声もある。原作を知らない人は純粋にスリリングな展開が楽しめるとのことなので、原作をあえて読まずにまずは映画を見に行ってみるのも面白いかもしれない。

緑黄色野菜

人間にとって、とても大事な緑黄色野菜。緑黄色野菜は人間の身体を機能させるために、なくてはならないビタミン類を多く含んでいます。ビタミンとは、ラテン語で「vita=生命」という語源からできています。ビタミンは微量でも、生体の正常な発育や、物質代謝を調整し、生命活動に不可欠な有機物です。近年、現代人は野菜を食べていないと指摘されています。厚生労働省が定めた一日の摂取量に届いてない方も多くいると思います。また、ファストフードなど、不健康な食べ物ほど安く手に入れることができ、糖尿病などの疾患を患う人も増えています。ランチではなるべく野菜をメニューに入れたり、夕食ではサラダや副菜を追加したりなどして、日頃から、野菜を摂るようにしましょう。「野菜=ビタミン=生命」なのですから。

北海道初の新幹線

2016年の3月に開業する、

北海道新幹線のH5系の2車両が、この度北海道に初上陸した。

エメラルドグリーンの車体にアクセントのラベンダー色。

内装には雪の結晶をモチーフにデザインされ、なんとも北海道らしい可愛いデザインだ。

見た目は、東京と新青森を結ぶ、E5系のはやぶさによく似ている。

北海道新幹線の開業時は、新青森と新函館北斗間を結ぶ予定。

東京から、新幹線で北海道に行ける日も遠くない。

今年の12月5日からは試運転が始まる予定だ。

全国の鉄道ファンや新幹線好きの子供たちにとっても、とても楽しみだ。

 

 

乗車率

電車の乗車率、よく耳にはしますが何を以て乗車率としているのか、基準を調べてみました。

まず乗車率が100%で新幹線のように座席を指定される場合には、座席数が定員数になります。
通常の電車の場合には全員が座席に着く、つり革につかまる、ドア付近の柱につかまることができる、いずれかのことができる状態です。
200%の場合には、半数の人は座ることも、つかまることができない状態をいうそうです。

ハットリ

漫画雑誌『少年』(光文社)にて1964年から1968年まで、『コロコロコミック』、『てれびくん』、各小学館の学年別学習雑誌(以上、小学館)にて1981年から1988年までにかけて連載された。

思った以上の長期掲載だった。

ハットリくんが忍者の里、伊賀から東京に出てきて、三葉家に居候することになり、いろいろな騒動を起こす物語。三葉ケン一との友情も描く一方で、いろいろな忍術を紹介している作品でもある。現代社会にそぐわない忍者が登場することで、その作品に面白みが増しているのだろう。

長編漫画の制作過程

日本における一コマ漫画や4コマ漫画、欧米におけるコミック・ストリップのような比較的単純な漫画の場合、漫画の制作は概ね1人の漫画家によって行なわれるが、ストーリー性のある複雑な漫画の場合、各国によって漫画家の仕事内容が多少異なるらしい。

長編漫画の制作過程は、プロットの作成、ネームの作成、下書き、ペン入れ、(カラー作品の場合は)彩色、というように様々な作業工程を経るが、日本におけるストーリー漫画の場合、多くはこれらの作業を全て1人の漫画家が担当する。アシスタントを雇い補助的な仕事をさせたり、掲載雑誌などの編集者が制作に深く関与したり、漫画家名義が複数の漫画家で構成されている事が多い様だ。

まんだらけの買取センター

中野本店には買取センターがあり、毎日大量の買取をしており、東京池尻の流通センターから各店舗に商品の補充を行っている。本に関しては、他書店では本の発行年月日などを一つ一つ確認して買取査定することが多く、担当員によって買取価格に差が出る場合もままあるが、まんだらけでは買取価格がデータベース化されており、それと照合して査定を行っているため、買取価格に差が出ることは少ない。しかし、物の状態や在庫等の事情で値段が変わるのは他店と変わらない。

一時期ではあるが、鉄人28号を使用したアニメーションを自社制作し、地方でテレビCMとして放映していた他、特撮オリジナルDVDを制作したり、映像分野にも進出していた事がある。

おじゃまんが

アニメの放送期間は1980年9月28日から1982年10月10日まで。フジテレビ系列(一部系列局除く)で毎週日曜日19:00から19:30の枠にて放送された。全100回。

『サザエさん』と同じく3話1構成からなる。それまでのアニメ作品には見られなかった社会風刺や、いしい作品に見られる独特の毒やブラックユーモアを随所に散りばめており、放送当時の社会情勢を反映させた時事ネタも多い。各話ごとに登場人物が主人公となる構成をとっており、特に誰が主人公と云うのは決まっていないが、山田家の三世代家族と、山田よしおが大家を務める下宿の住人たちが繰り広げるコメディーが中心であり、よしお及びみのるをメインに据えたエピソードが多い。一方で表題である山田家の人々が全く登場せず、下宿生のヨシダ、イケダ、フクダのみで進行するエピソードも存在する。

原作となった作品群はどれも大阪市東淀川区が舞台であり、当作品もそれを踏襲する予定だったが、製作が東京のため放送時には、東京の「東江戸川三丁目」という架空の地名に変更された。但し「寝かせてくれない寝台車」の回では寝台特急「東淀川」が原作通り改名される事無く登場し、一応大阪も舞台となっている。

タイトー

タイトーは、東京都新宿区新宿六丁目に本社を置く日本企業だ。スクウェア・エニックス・ホールディングスの完全子会社。アーケードゲーム機器の開発、製造、販売、レンタル、メンテナンスサービスおよびアミューズメント施設の企画、運営およびフランチャイズ事業などを手がける。

かつては日本における家庭用ゲーム黎明期から様々な商品を開発・製造・販売していたが、現在はその事業を全てスクウェア・エニックスに移している。